お知らせ

2018.09.22院長ブログ

先日来られた患者様定期検診が終わられたあと私に

「衛生士さんに綺麗にしてもらった!この衛生士さん最高!」

と大喜びで言ってこられました。

80代後半の男性で合唱団で楽しんでおられます。ご自分の歯で

食べておられます。

本院のメンテナンスの患者様は一生ご自分の歯で噛めそうな人は

80%以上、残りの20%は本院に来られるより以前に歯を抜かれて

入れ歯になった人達です。

ちなみに日本全体では一生自分の歯で食べれる人は38%、残り42%は入れ歯で苦労しています。

やはり手入れは大切ですね。

 

写真は特急「しおかぜ」です。先日松山へ行った時に撮った写真です。

瀬戸内海を島づたいに横断します(^^)

2018.09.15院長ブログ

皆様こんにちは。延藤です。

当医院では難しい治療後、その後大丈夫ですか?のお電話を患者様のお宅にかけることがあり、ケアコールと呼んでいます。

先日、インプラントを植立した患者様にケアコールをしました。

夜8時頃に電話をさせていただくと元気なお声で電話に出られました。

痛みも出血も腫れもなく食事をしておられるとの事です。

お互いに安心ですね、と声をかけあいケアコールは無事終了です!

患者様に安心していただけるよう今後も続けていきます。

写真は自宅庭のブルーベリーです。たくさんとれすぎたので

ジャムにしました(^^)

2018.09.03院長ブログ

”一生自分の歯で食べよう”を目標に患者様と共に頑張っています。

皆様10年、20年と歯を削らなくていいようにメンテナンスや定期健診に

通っていただいています。70歳・80歳でご自分の歯でよく噛んで食事を

楽しまれておられる患者様が増えました。

しかし、実は以前から気になっていたことがあります。

患者様は全部ご自分の歯ですが、そのご自分の歯は年齢を重ねると

残念ながら汚れてきてしまうのです。色が付く、ひびが入る、歯自体が黄色

なる等です。年をとるとこんなものかなと私自身も思っていましたし、患者様

も仕方ないと思われているでしょう。

でも歯は綺麗にすることができます。

「審美歯科」という領域ができました。いろいろな材料・いろいろな方法で

歯を痛めることなく綺麗にすることができます。

患者様に聞くとやはり美しい歯の方が良いとのこと。

一生「美しい」自分の歯でたべようを今後は目標にしていこうと

これから具体化していきます。

ご期待ください。

2018.08.28院長ブログ

患者様は75歳、元気な女性です。

1本インプラントを植えると上の顎の奥に大きな歯ができます。

そして患者様は左右どちらでもしっかり噛むことができ食事を楽しめます。

しかしここで問題がでてきました。インプラントをするには8ミリの厚さの骨が

必要です。

この患者様は4ミリしかありません。8ミリのインプラントを植立するには

骨が4ミリ足りません。上の顎の骨を4ミリ作るのは技術的に難しいのです。

さあ!気合をいれて手術を始めました。患者様は痛みも出血もありません。

骨を4ミリ作ることができました!治療後のレントゲンで骨がインプラントの

周囲を取りまいています。成功です。

私はホッとすると同時に疲れがでてきましたが患者様を見ると手術後の

冷湿布をあて涼しい顔をしておられました。安心です。

2018.06.15院長ブログ

Iさんは21歳の学生さんです。生まれつき歯が2本足りずインプラントになりました。若いので歯は削ってダメージを与えてはいけません。インプラントは独立した歯なので大丈夫。ただし、彼の場合50年位保ってほしいです。

私のインプラントは今植立30年経って他の歯と同じように骨に包まれ機能しているのでその人の歯と同じだけ持ちそう。ただし皆さん手入れと定期的なメンテナンスを続けておられます。

彼から午後9時にお電話がありました。痛み、出血、腫れはないそうです。

61歳のmさんは。上の前歯がありません。入れ歯を入れておられますが。

不自由なのでインプラント治療を受けられました。インプラントを2本植えました。治療中は麻酔で痛みはありません。1時間で植え終わりました。同日pm

8時半に電話を掛けますと。痛みもなく食事を終わられたとのことでした。

翌日夜mさんはジャズのライブハウスで食事と音楽を楽しまれました。

本院のインプラント治療は翌日日常生活にもどれます。

1
TOP